dTVを試してみた!業界最安候補!月500円で12万作品が見放題!?

 

 

 


f:id:abumogu:20190212010519p:plain





 

読んでほしい人

 

 

動画配信サービスってどこも、月1000円以上するんだよぁ、、もっとリーズナブルなところないのかなぁ

 

 

そこのあなた、「どこも」たいてい月額1000円以上しますが、docomoなら半額の月額500円ですよ

 

。。。。

 

はい本日のテーマはこちら!

 

本日のテーマ

  • 「dTV」とは
  • Docomoユーザと一般ユーザの違い
  • dTVのメリット
  • 登録方法
  • dTVのデメリット
  • まとめ

 

 

「dTV」とは

dTVとは、docomoが提供している動画配信サービスです。

「じゃあdocomoユーザーしか利用できないの」と疑問に思う方もいるかと思いますが、そんなことはありません。一般のユーザーでも利用することができます。


dTVの最大の売りは、なんといっても月500円で利用できる点です。

これは他のサービスと比較してもかなりの破格。しかも、コンテンツも12万とかなり充実しています。


また、31日間の無料期間も付いているので、気軽にお試しできます。

 

dTV31日間無料登録はこちら

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

Docomoユーザと一般ユーザの違い

dTVは誰でも利用できるサービスですが、docomoユーザーは、一部優遇されている点があります。


dTVと専門チャンネルのセット割

dTV以外にも専門チャンネルも見たいという方は、docomo回線を契約していると、一般ユーザーと比べて割安になります。

 


ドコモ携帯払いが選択できる
docomoユーザーは、「ドコモ携帯払い」という支払い方法を選択できます。

携帯の代金とまとめて支払えたり、ドコモ口座からの引落しもできるので、非常に簡単に支払うことができます。

え?ぼくdocomoじゃないんだけど


docomo以外のユーザーは、クレジットカードまたは、デビットカードのみの払いのみとなります。

クレジットカードは、なにかと必要になることがあると思いますで、また、お持ちでない方はこれを機に作ってみましょう。

 

 

dTVのメリット

 

料金が圧倒的に安い

月額500円という数字はどれだけ破格なのかは他のサービスと比較すると一目瞭然です。

動画サービス コンテンツ数 月額料金(税別)
dTV 12万本以上 500円
hulu 5万本以上 933円
u-next 8万本以上 1990円
TSUTAYA TV 約3700 933円
netfex 非公開 800円
FODプレミアム 3千以上 888円
au ビデオパス 1万本以上 562円

 

この数字だけ見ると他のサービスの約半額です。金額が近いサービスでいえば、「au ビデオパス」です。やはり、ライバル関係を意識しているのでしょうか

 

コンテンツの数でみると、au ビデオパスは1万本以上、dTVは12万以上と、dTVのほうが大きく上回ります。

 

12万というコンテンツ数は、数ある動画サービスの中でもトップ食らうです。これだけのコンテンツ数が月額500円とは業界でも1位2位を争う安さです。

 

 

 

4Kに対応している

f:id:abumogu:20190217010019p:plain

 皆さん4kって知っていますか??4kとは映像における画面解像度(画面の細かさ)のことを示しています。この解像度が高ければ高いほど、画面がきれいに見えます。

 

 ちなみに4kの画質は、フルハイビジョンの4倍です。なので通常の動画の4倍きめ細かく映ると考えてもらってよいかと思います。

 

dTVでは一部4k画質の映像が配信されています。

 

4k配信されている内容ですが、

dTVのオリジナル作品や、ミュージックビデオなど一部の動画が対象です。今後その数は増えていくと思われます。

 

ここで、当たり前の注意点ですが、4kの配信動画を見るためには4kに対応したデバイスが必要となります。

 

VRに対応した動画が存在する

f:id:abumogu:20190217001046p:plain

 なんとdTVには、一部VRに対応した動画が存在します。VR専用のデバイスを用意すれば、首を左右に向けることで360°動画違う角度で動画を見ることができます。

 

さらに会員登録をしていない方向けにも、無料コンテンツが用意されているので、「VR」がどんなものか試してみたい方にもおすすめです。

 

ダウンロードが出来て、動画を持ち運べる

 dTVは、動画のダウンロードが可能となっております。(一部対応していないものもありますが、、)

 

 ここで嬉しいのが、ダウンロードする際の解像度が選択できます。

選択できる画質は「ふつう」「きれい」「すごくきれい」「HD」の4種類がありそれぞれの通信料の目安は以下の通り

 

画質 1時間あたりの通信量
ふつう 150M
きれい 240M
すごくきれい 760M
HD 1520M

 

 なので、インターネットが使い放題ではなくて、使用できる通信料が決まっている人は、「ふつう」「きれい」を選択することで通信料の節約をすることができます。

 また、スマートフォンの残り容量が少なくなっている人も、これらを選択することで、容量の節約ができます。

 

登録方法

月額500円で12万ものコンテンツが見放題なdTV

動画配信サービスの中でも最強のコスパです。

 

では早速登録方法を見ていきましょう。今なら31日間は無料で見ることができるので、お試しだけしてどんなコンテンツがあるのか覗いてみるのもありだと思います。

 

dTVを契約するにはdアカウントの発行も必要になりますが、2つ合わせても5分程度で登録は完了します。それでは登録方法についてみていきましょう。

 

Step1. dアカウントを発行する 

 

dTVを契約するには、まず「dアカウント」を発行する必要があります。

すでにdアカウントをお持ちの方は、Step1はスキップしてください。

 

まずは以下のリンクにアクセスしてください。

 

dTV31日間無料登録はこちら

 

アクセスすると以下の画面に飛ぶので、赤色枠の「31日間無料おためし」をクリック

 

f:id:abumogu:20190217151359p:plain

 

 

次に以下の画面が出てきます。domoco回線を利用している利用していない関わらず、dアカウントを持っていない方は発行する必要がありますので、「dアカウント発行」を選択します。

 

f:id:abumogu:20190217152151p:plain

 

 

 「dアカウント発行」を選択すると、docomo回線を利用しているかどうかを尋ねられます。それぞれの回線の契約状況に合わせて選択してください。

 

f:id:abumogu:20190217153120p:plain

 

 「ドコモのケータイ回線をお持ちのお客さま」を選択した場合は、以下の画面が表示されます。携帯番号とネットワーク暗証番号を入力します。

 

f:id:abumogu:20190217154011p:plain

 

「ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま」を選択した場合は、以下の画面が表示されます。

ここで必要になるのが「メールアドレス」です。「google」「yahoo」「facebook」のアカウントからメールアドレスを登録することもできるので、アカウントをお持ちの方はこちらをクリックしてください。

 

f:id:abumogu:20190217160223p:plain

メールアドレスを登録すると、次に必要事項を入力していきます。

ここで、「会員情報」と「クレジットカード情報」を登録していきます。

あとは、入力内容を再度確認して、完了を選択すると、dアカウント発行完了です。

f:id:abumogu:20190217163923p:plain

 

Step2.dTVに登録する

dアカウントを取得したら、再度以下のリンクにアクセスします。

 

dTV31日間無料登録はこちら

 

アクセス先の「31日間無料おためし」をクリックすると、以下の画面に飛びますので、画面下のログインを選択してください。

 

f:id:abumogu:20190217180854p:plain

 

 ログインすると、登録したメールアドレスに、契約確認メールが届きますので、そちらから上記の利用規約に同意するに✔を入れて、申し込みを完了するのボタンを押下すると申し込みが完了します。

 

 

dTVのデメリット

最後にデメリットについて、お話ししたいと思います。

※私の個人的な感想も入っています。気になる方は実際に無料登録だけでも済ませてお確かめください

 

実は見たいものがあまりない!?

dTVは、12万ものコンテンツが充実していると謳っていますが、実はフタを開けてみると見たいコンテンツが少ないと感じました。

 

1本5分とかの動画や、カラオケとかあって

「え!?これで1コンテンツにカウントすんの!?」

ってものが結構多いんです。


個人的には、価格が低い分、コンテンツの内容としては、huluやu-nextに軍配があがる気がします 

 

PS4に対応していない

普段、私はテレビに接続しているPS4で動画を見ているのですが、dTVはこれらに対応していません。何ともめんどくさいです。。。。

 

ps4しかもってないけど、大きなテレビで見たいんだけど。。

 

こんな方は、テレビでdTVを主張するためには以下の方法があります。

 

1.dTV対応のテレビかどうかを調べる

 まず初めに確認していただきたいのが、ご自身のテレビがdTVに対応しているかどうかです。もしここで対応していれば、テレビだけでdTVを再生することができます。

テレビが対応しているかどうかは以下のサイトで調べることができます。

https://pc.video.dmkt-sp.jp/device

大まかによると、以下のメーカであれば対応している可能性が高いです。

テレビが対応していなかった場合は、以下のいずれかの方法をとることになります。

 

2.PCからケーブルをつないでテレビで見る

こちらは原始的な方法ですが、以下の方法でテレビに映すことができます。

 

1.自宅のテレビとPCをHDMIでつなぐ

2.テレビの入力を「HDMI」に切り替える

 

するとPCの画面がパソコンに投影されます。この場合、ノートパソコンとHDMIケーブルが必要となります。また、毎回テレビにPCにつなぐのも何かと面倒かと思います。

 

こちらがノートPCが用意できない、またはめんどくさいという方は専用の機器を購入する必要があります。

 

3.専用の機器で映す

上記の方法で、TVに移せない人は以下の機器を購入しましょう。

月額料金は安いですが、初期費用にお金がかかってしまいそうですね。

 

支払い方法が少ない

 冒頭でも述べましたが、dTVがdocomo回線でないユーザは、クレジットかデビットカードという支払方法しか選択支がありません。

 

 

まとめ

最後にまとめます。


メリット

  • 月額の費用が圧倒的にやすい
  • コンテンツの数が圧倒的に多い
  • 一部4kに対応している動画がある
  • 一部VRに対応している動画がある
  • 登録が簡単

 

デメリット

  • コンテンツ内容が時間の短いものや、カラオケなども含まれており、内容が薄いものが多い
  • ps4に対応していない。テレビに移す方法が限られている
  • 支払いの方法が少ない

 

 いろいろと紹介してきましたが、月500円という値段でこれだけのコンテンツを楽しめるdTVのコスパは最強と言ってもいいでしょう。docomoユーザでなくとも利用できるので興味が沸いた方はぜひお試しください

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。